橋梁点検の
プロとして
 
短納期での作業・微細データの提出など、
お客様の求めるものを見極め、
あらゆるニーズにお応えできる
体制を構築しています。
丁寧に、かつ迅速に。
どんな場所でも確実に、そしてスピーディーに。
私たちは、お客様のご要望に応じて柔軟に対応し、
そのご期待に十分にお応えいたします。
それを可能にする、技術と経験の蓄積があります。
三次元計測の企画・提案
現地計測はもちろん計測データのモデル化まで対応いたします。
3Dレーザースキャナーやデータ処理ソフトの販売・レンタルもご相談に応じます。
橋梁点検とは?
平成9年の開業から橋梁点検の業務を行っており、 さまざまな点検・調査に携わって参りました。 国交省、首都高速、NEXCO、JRなど、 多種多様の点検実績を積み重ねております。
あなたの眼が、
安全を、生命を守る。
 
アイセイ株式会社では、点検・調査・データ計測業務に
関わるスタッフを募集しています。

アイセイ株式会社からのお知らせ

2015年新年のご挨拶
2015-01-03

明けましておめでとうございます

旧年中は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。
日本経済は回復基調にあるようですが、雇用や実態を伴う生活を振り返ると、我々中小企業が実感できるのは当分先のように思います。また、消費税、所得税、法人税等税制の改革によって生じる負担や電気、ガスといった生活に直結する負担増もあることから、より安定した業種、企業への転身といった雇用問題も人材不足と併せてさらに深刻化している感があります。

このような情勢に鑑みて、当社が一歩一歩成長していると感じられるのは、社員の努力、皆さま方のご支援ご厚情の賜物と心より感謝しております。

社会では国の骨格である内閣が3年目を迎え、安定感が感じられるようになりました。

なかでも政策の一つである「国土強靭化」の計画・推進において、インフラ施設の重要性を元に既存の資本ストックの活用、ライフサイクルコストのマネジメントといった分野の形成が進められています。

当社は長い間、インフラ施設の点検・調査を主体として活動しており、資本ストックの活用におけるサプライチェーンの1プレーヤーを担っていきます。

 

 

平成27年のテーマは「連係」です。

社会のインフラマーケットが大きく変革、進化する情勢における、分野形成の連係。

また、1プレーヤーとなるための、結束力の固い組織体となるための連係であります。

社員同士が切磋琢磨した連係を行い、会社と社員の理解を深めた連係ができることで、よりいっそう問題になると思われる日本の経済的懸念に対応できる組織体になれると信じております。

さらに組織を超えた、業種間また他業種間との連係は保守的なインフラメンテナンス業界において発展するための必要な活動要素となります。

今年はこの「連係」を重要課題として実行していきます。

 

 

平成27年が素晴らしく、楽しめる年となることを祈念し新年の挨拶とさせていただきます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

アイセイ株式会社

代表取締役 岩佐宏一